FC2ブログ

Home > 転落人生 > お願い その一

お願い その一

ひさしぶりに、このカテゴリの更新。

そうですね、、最後の更新から一年半、、、

何事もなく、

ちゃりーん、ちゃりーん、、と毎月着実に家賃だけは振り込まれているようで、、

特に、何の連絡がくるわけでもないし、

ほんと、これで全てが終わる、、ってんだったら、なるほど、これこそが不労所得なのか、、って
感じがわからないでもないですね。

と、言っても、一旦、入居者が退居する、近隣者とトラブルを起こす、家賃を滞納する、、とかになると、

一気に、なんで、こんなメンドクサイことに手を突っ込んだのか、、、って後悔することになるんでしょうが。。



ところで、今日の更新、私のメンターのお話。

このおやじ、先月会社をクビになり、ついに彼が目的としていた、
自適悠々のリタイアライフをスタート(傍目からみると、この10年ずっと同じような人生だったような。)
させることができたわけですが、、 
そのクビとなる瞬間に、色々なことがおこりまして、、 

普通クビとなりますと、大方の人間は、多かれ少なかれ、
「喜」の感情よりも、「悲」の感情が先行すると思うのですが、
このオヤジ、40台前半より、すくなくとも同じ会社で50歳以降の彼の将来はない、、と見据え
その為に着々と努力していった結果、
50歳になった時点ですでに、マンション10件くらいを保有、
その時点で、クビになっても、余生まあまあ、食って行けるだけの基盤を作られていたわけです。
(それから約5年、クビ時には15件近く持っていたんじゃないでしょうかね。。)

ようは、私が、何年ぶりかに再開した2年半前くらいですかね、、から常に、
「はよう、くびにしてくれませんかな、、、」を口癖にしていて、それがようやく現実となったわけで、
その中で彼が唯一心配していたのは、特別退職金がいくらでるか、、
(どうやったら、沢山もらえるのか、、みたいな相談を何度もうけました。。)
そして、それも、彼が予想していた以上の金額がもらえたらしく、、もう満面の笑み。
ましてや、彼がクビになった後に、グローバルの組織的なリストラが発表されたので、
そういった特別退職金がみなにばらまかれる前なので、これからクビになる人よりか、
厚遇されたのは間違いないでしょうね。。

で、本題に入る前置きが長くなっちゃったんですが、、

職場での最終日直前に、電話が入り、
「ボンゾさん、お願いがありますのや、、、ちょっとお話聞いてもらえますか~」

って、、何やら難癖をつけて、更に退職金をぶんどろう、、とか企ててる相談かな、、っと思っていると、

いつも通りの満面の笑みで、
「実はでんな~、 ちょっと「これ」が急遽、必要になりましてな、、 
片手くらい4ヶ月間融通してもらえませんやろか。。
もちろん、ちゃんと借用証書も書きますし、
ボンゾさんも、ちょっとした小遣い稼ぎで喜んでもらえるんかと思いましてな。。」



スポンサーサイト



Comments: 2

Blackmore URL 2011-11-20 Sun 16:52:11

片手とは5万円ですか?

僕も思ったより早くリタイアの時期が来そうです。税金や健康保険、固定資産税、マンションの管理費、修繕積立金・・・悩みは尽きません。そして、そのうち病気になって、別の悩みを抱えるのでしょう。人生って虚しいと感じます。晩秋の季節感で、より虚無感が襲います。

Bonzofire URL 2011-11-20 Sun 19:14:38

あとゼロが二つ付いています。

僕らも同じですよ、、2、3年の差があるだけでしょう。 
(と言っても、僕らは、ゲーシでも超低所得なんで、そういった意味では、僕らの方が切実な問題を抱えていますよ)

子供がいるわけでもないし、親族からもほとんど見離されている僕らは、
これから、寂しい老後を迎えること確実です。 
かみさんの間では、どちらか先に行った方が「勝ち」だね、、なんてシュールな会話も。。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/1008-43336c80
Listed below are links to weblogs that reference
お願い その一 from It's Just Another Day

Home > 転落人生 > お願い その一

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top