FC2ブログ

Home > 音楽のぐち > Jimmy Heath

Jimmy Heath


先輩「いま、日本にJImmy Cobが来てるらしいけれど、知ってる?」

私「、、 って、まだ生きてたんですか!?」

先輩「うん、そうみたいだね、、 そのうえ、近く、Roy Haynes もくるんだって。」

私「まじですか?? もう彼ら80歳超なんでは、、」

(この Jimmy Cob、Roy Haynes いずれも50年代に活躍していた、ジャズミュージシャンです。)

先輩「サックスとか、トランペット吹いてたのは、薬とかが仇になって、
ほとんどが30代で亡くなっちゃったけれど、ドラマー、、って、かなり肉体労働に近い分、
カラダも丈夫だろうから、長生きできるんじゃない?? はは。」

といっても、年齢を調べると、やはり二人とも、80代半ばですよ。。


そして、いずれのドラマーも、チャーリーパーカー、マイルス、コルトレーン、ドルフィー、パッドパウエル
まあ、ジャズの神様、、といった人たちと一緒にやってきた輩、、

ほんと、そういった意味でいうと、生きた神様、、とでもいいましょうか。。


で、なかでも、Jimmy Cob は、Miles Davis のあの「Kind of Blue」のドラマーということもあり、

kindofblue.jpg

まじで、これは行こうかな、、と思っていたのですが、、

実は、今晩、ひさしぶりにコットンクラブに行く予定が既に入っており、
一週間に三つも、、(先週末も行ってました。)と、、結局、見送ってしまいました。

で、話は、今晩のコットンクラブに移るんですが、演奏者は、、
「The Dizzy Gillespie All-Stars」  って知ってるのはそれくらいで、
個別の演奏者は誰が演るの?? までは全然知っておらず、
ただ、「Dizzy」の音楽が聞ける、、ってことだけで、「行き」を決めちゃったんですが、

なんと、現地に来て、びっくり仰天。

演奏者に、サックス、Jimmy Heath 85, ドラムに、Al Heath 75、がいるじゃないんですが。

この人たちも, まさに生きる、ジャズの神様ですよ。

そして一曲目がこれ、「CONFIRMATION」



Dizzy
の楽曲で、演奏者は、あのチャーリーパーカー、、 
そして、ベースが、Percy Heath,, 2005年に他界した Heath Brothers のもう一人。 
演奏は1953年です。


って、想像できます、、、 今日の目の前で、この曲を吹いているサックスのおじいちゃんは85ですよ!

そして、ドラムが75歳。


しかし、、、さすがに、、、 このフレーズは 85の JIMMYには無理がありました。

そして、その後も続く、典型的なガレスピーのトランペットとサックスがはもる超速リフの曲。

も、やはり少々、無理がありました。。


だけど、85歳ですよ。 一曲まともに吹くだけでも、、、 想像できますか?
このおじいちゃんが、吹きまくり、、とまではいかなくても、一時間半みっちり演奏しちゃうんだから。
(そして、一時間の休憩はさんで、もう一時間半のステージ演るんですよ)

ドラムのALなんて、75でも、かなりスイングしていて、まだ現役だぜ! って感じ。


この人たちは一体って、、

涙でてきちゃいましたよ。 まじで。





楽しかった~
スポンサーサイト



Comments: 2

Blackmore URL 2011-11-27 Sun 19:53:00

マイルス・デイビスのKind of Blueは持っていますが、ジャズに疎いので、上で書かれているプレーヤー達のことはよくわかりません。それにしても、ジャズでもロックでも我々が生まれる前から活動していたアーティストが今でも現役で演奏しているってすごいことですね。と40代後半にして無職になる身としては、複雑な思いです。

Bonzofire URL 2011-11-27 Sun 20:51:02

Kind of Blue は Jazz を超越した Jazzアルバムですよね。 
にしても80代半ば、、の爺いですからね。 
ほんと、もの凄いことです。

しかしながら、私も同じ船のようなもんです。僕の方が遥かに簿給なので、もっと切実ですよ。 
ましてや、いくら長く残れても、私もあと4年。 
寿司が握れるわけでもないし、とにかく、それまで節制して、ひたすら貯金に励む、、しかないです。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/1014-0344f14c
Listed below are links to weblogs that reference
Jimmy Heath from It's Just Another Day

Home > 音楽のぐち > Jimmy Heath

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top