FC2ブログ

Home > 2013 NORTHERN SPAIN > 北スペイン 3-6 Restaurante Lanziego

北スペイン 3-6 Restaurante Lanziego



ここバスク地方は、、美食の街と言われておりまして、まあバルの食事もそれなりにレベルが高いんですが、
それとは別に、ちゃんとしたレストランの食事のレベルが高いんです。
スペインで三ツ星のレストランって5つあるらしいんですが、
そのうち、三つが、この北スペインの田舎町サンセバスチャン近辺、、にあるらしいんですね。

で、ここまで来たからには、当たり前ですが、そりゃ、美味しいものをいただかないと、、
なぁんて考えていたのですが、三ツ星系はいずれも、街の外れだし、当日予約なんて考えることが甘すぎ、、 
(通常、こちらにくる前に、皆様予約してくるらしい。。)らしいので、
しょうがないので、ガイドさんにホテル近辺で選んでもらったお店、Lanziegoというお店で頂く事にしました。

P6270298.jpg

ただ、、同じ日の昼過ぎに、体調を悪くしてしまったかみさんは、、
気分が優れない、お腹も減っていない、、で、食事にいくことを躊躇。
まあ、最後は、かみさん、僕に気を使ってくれたのか、、一緒にいってくれることになったのですが、
こんな事言っちゃなんですが、おかげで、結構な目に合いました。

P6270301.jpg

で、私ですが、色々考えるのも面倒なので、セットコースを注文。
かみさんは、体調のこともあって、軽めのアラカルトで済ませることにしました。

上の写真は、セットの前菜。 なんかのラビオリ、、だったんですが、
まじで、美味しかったです。

P6270311.jpg

こちらはセットの前菜。 帆立のグラタン。

P6270316.jpg

そして、サラダ。 この赤いのはイカなんです。 
ビーツと一緒に煮込んだので、赤く染まっているらしいんですが、
今までに味わったことがないようで、、それで美味しいと。

ここら辺でちょっと気付くのですが、、 先ほどのラビオリにしても、このイカにしても、
食事がなんとなく「甘い」んですよ。 砂糖、、とかの甘さじゃなく、、素材そのものの甘さ、、
と言ったらいいのか、よくわかんないんですが。

P6270312.jpg

こちらはかみさんのアラカルト一品目。
ホワイトアスパラ、、ですね。 ちょっととろけるような、、、ところまではいかなかったですが、
それでも美味しい、、、 が、やはり量が多い!

P6270320.jpg

そして、こちらは、私のコースの魚料理。 まあ、フライなんですが、
さすがに、バルや、ツアーの食事にでてくるようなモノとは、かなりレベルが違います。

で、やはり、、、 上に乗っかってる、パプリカ、、ソース、、
先に書いた通り、、甘い、、んです。

P6270322.jpg

次は、かみさんが頼んだ、海の幸スープ、、とでもいいましょうか。。

P6270328.jpg

みかけ、ものすごく濃厚に見えますが、それほどではありません。
これも美味だったです。

しかし、、かみさん、早くもここら辺で、気分が再度悪くなり、、
結局、この後、私が、彼女の頼んだモノ、私のと両方全部食べざるをえないことになってしまいました。

P6270329.jpg

こちらはかみさんが頼んだエビのグリル。
軽めのもの、、で頼んだんですが、このエビも6匹くらいのっておりまして、、
そのほとんど、、私がいただきました。
(よく考えたら、毎食事、、エビばっかり食べてますね。)

P6270337.jpg

で、私のメイン。 なんと、、ここでフォアグラか???
って、実は私の頼んだコースは、、、ビーフシチューのはず、、だったんですが、、
なぜかフォアグラが。。。

P6270338.jpg

実は、私の選んだコースより、もう一つ高いコースのメインがフォアグラ、、だったんですね。
だけど、ぼく、それだけが嫌だったので、
あえて、安いコースを選んだのに、、、、

と言っても、英語もさっぱり通じそうにないので、、
このままフォアグラを頂きましたよ。。 

P6270346.jpg

デザートはグラニタ。 
いまとなっては、確か、ミント、がベースになってたような気がするんだけれど、
濃厚なようで、以外にさっぱりしてて、これはマジで美味しかった〜。

DSC_0897.jpg

外はすっかり日が落ちてしまいました、、、


が、私のお腹は、パンク寸前。。 くるしい〜、、、


スポンサーサイト



Comments: 4

Blackmore URL 2013-08-08 Thu 07:48:16

まず、写真が素晴らしい!グラタンの写真なんかは香りまでしてきそうです。

素材が甘いというのは、野菜が美味しいということなんでしょう。現代の日本の野菜は肥料まみれのせいか、とぼけた味が多いですね。

奥さんの体調が悪いなか、大変でしたね。僕もフォアグラは苦手です。味も好きではありませんが、後でお腹が苦しくなるので。

bonzofire URL 2013-08-08 Thu 23:56:49

Blackmoreさん。
写真は例のXZ2です。
いつもは絞りを解放(F1.8 !!)で撮っているのですが、ピントが合わないのは、これが理由かと思い、
この時から、ちょっとだけ絞って撮ったと記憶しています。

野菜、果物にしても、魚にしてもそうだと思います。 
日本では何でも養殖、冷凍保存、化学肥料、、 なんておかげで、日本のどこでも、季節に関係なく
ほとんどのものが食べれるようになりましたが、
そのせいか、素材そのものが美味しいもの、、はほんと珍しくなったような気がします。

EkaterinaYoghurt URL 2013-08-09 Fri 14:47:09

まだ最後まで旅行記拝見していないのに・・・今回の写真たち、
スペイン美食紀行写真の真骨頂ここに!!といった感じですね。
素晴らしいです。明るさ、色合い、ツヤ・・・
ここまで撮ってもらったら作り手も嬉しいでしょう^^

私はまだ、この北スペインの美食を味わったことがないのですが、
へ〜、こんな感じなんですね〜。
お料理、見たことの無いアレンジというか想像がつかない味なんでしょうね〜。
付け合わせにベリー系が多かったり、ビーツ使用というのは、
やっぱり日本ではあまり見ない気がするし・・・文化の違いも感じますね。

フォアグラのお皿なんて月並みかもしれないけど・・・
まさに「お皿の中の小宇宙」。素晴らしいです!^^

サンセバスチャンの夜景も美しい・・・かなりこの地を楽しまれましたね^^

bonzofire URL 2013-08-10 Sat 08:14:03

Ekaterina Yoghurtさん。
この写真はオリンパスですが、僕の持っているコンデジの中ではダントツに奇麗に撮れます。
ほんと、ピントの問題さえなければ、、とつくづく思ってしまいます。
ただ、今回の写真は、ちょっと絞って撮っているので、背景のボケが、以前撮っていたようなものに比べると、
堅い、、と思うのと、
あと、ホワイトバランス、、とか自動任せにしている分、光源よりも被写体の色につられるので、
一定していないですよね。(同じ皿の色のはずなのに、ちょっとずつ色合いが違う、、)

ここ北スペイン、スペインというよりバスク、、ですね。
僕から見ると、スペインの素材を土台にしているのかもしれませんが、、、これはフレンチ、、のような。。
だけど、このお店は、これでも家庭料理(?!)がベースになっているそうで、
創作系とかいくと、全然また違うらしいですよ。
確か、そういったお店にまんべんなくつれってってくれる、日本人のコーディネーターもいるとか。。


Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/1436-964690a1
Listed below are links to weblogs that reference
北スペイン 3-6 Restaurante Lanziego from It's Just Another Day

Home > 2013 NORTHERN SPAIN > 北スペイン 3-6 Restaurante Lanziego

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top