FC2ブログ

Home > 美国の思い出 > バンドの思い出 その三

バンドの思い出 その三

もう一回、このシリーズつづけさせてください。

① http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-1578.html
② http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-1579.html

この文化祭には事前にオーディションがありまして、
この二回目の文化祭には、合計で3つのバンドが応募したんです。

結果、二つのバンドが文化祭で演奏することになるのですが、、すべったもう一つのバンド、、
このバンドのギター弾いてるやつが結構うまくてびっくりしたんです。
もう一つのバンドは、、私が言うのもなんですが、ヘタッぴバンド。
だけど、文化祭には、このバンドが、残ることになるんですが。。

では、なぜ、うまい方のバンドがすべったのか、、なんですが、
これを話すとかなり長くなるので、これは別の機会にでも書きたいとおもいます。

簡単に言うと、
演奏した曲が、ぼくらが演奏した曲とよく似ていて、もう一つのへたっぴバンドは違った、、
もうちょっと複雑に書くと、
、、、 アメリカ、それも南部に位置する州、独特の理由があったと思います。


それでは、なんで今日、ここで、このすべったバンドのことを書いているかというと、
このバンドで、ギターやっているやつ、、についてお話しようかなと思いまして。

このギターやっているやつ、僕の友達だれ一人として、こいつの存在すら、オーディションの時まで知らなかったんです。
結局、このオーディションの後もほとんどしゃべることなく、高校最後の年を終えちゃうので、
名前以外、彼のことは、なぁんにも知らないんですがね。。

で、その彼の名前なんですが、、

TYRONE COTTON

って言うんです。

初めて聞いた時は、(失礼ですが)笑っちゃいましたね。

ます、TYRONEって、きっと黒人にしかない名前だと思うんですよね。

それに、COTTON (綿)、、ですからね。

もうこれ以上「黒人」って名前はないって感じの名前なんですよ。

もちろん、その彼は、「黒人」なんです。


、、、そんなことは今日書きたいことっちゃないんです。 全然。



僕の高校生の仲間の何人かは、、その後音楽を続けてるのが何人かいるわけですが、

なかでも、衝撃的に(楽器が)うまいやつ、、といえば、なんといっても、
http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-1579.html

この記事で紹介した彼http://iriestill.comだったわけですが、、だけど、良い悪いは別として、全米に名前が知れ渡るほど有名になったかというと、、
そうはなっていない、、のが現実です。


しかし、、この、TYRONE COTTON、、は、



http://www.tyronecotton.com

その手(モノホンのブルース系)の音楽では、それなりに有名になったみたいなんですね。

ビデオを見る限り、ギターで有名になったというより、「歌」で一花咲かせたみたいですけれど。

また、90年代の何年かは、日本にも滞在してどこぞやのバンドで音楽やってた、、ってんですから、
びっくり仰天ですよ。 (高校の時、仲良くなっとけばよかった、、、かな?)

ちなみに高校時代にみた彼は、ギターだけだったんで、歌っているのはみたことがないです。




だけど、この世界、、少々楽器がうまいだけじゃ、、どうにもならないですよね。

僕の親戚にも一人、小学校低学年かそこらで、
いきなり楽譜もなしで、耳だけでバッハのソナタとかをおもちゃのピアノで弾き始めたのがいて、
小学生高学年頃には、近くの大学で大学生と一緒にピアノを習い、
高校時代は、全米のその手の才能に恵まれた同年代の学生ばかり集まったキャンプに州から選ばれて参加したり、
大学は、アメリカでも結構名前の通った音楽大学に行ったのですが、
結局、音楽では食って行けない、、ってことで、今はコンピューターのプログラマーにやってるのがいます。

僕は、幸か不幸かそんな才能がなかったので、すぐにアキラメがつきましたが、
微妙に才能があった人って。。 
って、そんなこといいつつ、もし、今の身分とその才能が交換できるのであれば、
僕もきっと、「その才能」を選ぶとおもうんですがね。









スポンサーサイト



Comments: 4

Blackmore URL 2014-02-19 Wed 14:16:22

僕も同感です。大成することはなくても、音楽等の芸術の才能を持って生まれ、その道を限界まで突き進んでみたかったです。同じ挫折でも、サラリーマンの挫折よりはあきらめがつきますね。

株式の運用なんて、所詮ギャンブルみたいなもの。自分では何もできないくせに、偉そうに企業の経営者にケチをつけたり、知ったかぶりをしたり、下らない仕事についたことを後悔しています。

金銭的な収入が多いのがメリットでしたが、短期間での高収入で、税金をごっそり取られ、しかも予定納税という嫌なシステムで翌年分の税金の分まで、払わされ(差し押さえ)、気分的に沈む日々でした。

EkaterinaYoghurt URL 2014-02-19 Wed 17:21:42

このシリーズに出て来るbonzofireさんのお友達、演奏が上手くて、その道に進んでいる割合が多いですね^^
普通校ですよね?才能が有る人に囲まれて多感な年頃に素敵なことです。
でも一緒に居れば、自分もその才能が・・・と思うのは当然でしょうね。
それが生きる術につながる才能ならいいですね。

bonzofire URL 2014-02-20 Thu 00:20:10

Blackmoreさん。
僕の高校の頃の友達の多くが、その当時の夢を追い求めてるんですが、
僕の場合、音楽どころか、今の仕事も、自分を追い込むことないまま、だらだらやってきたのが今のていたらく。
逃げまくりの人生です。恥ずかしくて彼らに会う勇気すらないです。

業界のことを言えば、ほんと出鱈目な業界だと思いますよ。
お前、カネのことだけ考えて、そんな仕事選んだろう、、って言われても反論すらできないです。

bonzofire URL 2014-02-20 Thu 00:32:53

Ekaterina Yoghurtさん。
普通校なんですが、ぼくが高校にいた頃のアメリカって、それほど情報がありふれていたわけでもなければ、
日本人みたいに手が器用でない人も多いので、そもそも素の才能がなければ、楽器を弾けない、、という現状があったんです。 ただ、これは音楽だけでなく、友達の多くは、その頃の夢を、実際の仕事に結びつけてます。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/1581-c1ffe21b
Listed below are links to weblogs that reference
バンドの思い出 その三 from It's Just Another Day

Home > 美国の思い出 > バンドの思い出 その三

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top