FC2ブログ

Home > きょうのそとめし > エノテカ フルッテリア スタジオーネ フルッティフィカーレ 神楽坂 東京 2017/2

エノテカ フルッテリア スタジオーネ フルッティフィカーレ 神楽坂 東京 2017/2



こちらのお店は約半年ぶり。http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-2187.html
ぼく自身は結構好きだったのですが、かみさんが変わったものがあまり好みでないので、
ちょっと時間が空いちゃいました。

P1400905.jpg

今日は、たまたま、イチゴづくし、、ってメールが送付されてきたので、
おもしろそう、、ってことで、かみさんを説得して、やってきました。

P1400906.jpg

そのイチゴも、一品ごとに種類を変えていたりして、結構凝っています。
下のパスタ、雲丹とイチゴ(あまおう)が入ったカルボナーラ。
雲丹が入ってるので、白ワイン(ピノグリージョ)との相性は、、と思ったものの、
これがとてもよくマッチ。 

P1400911.jpg

お肉料理は、、鹿肉。 
これが柔らかくて、臭みもゼロ。 これは食べごたえ十分、とても美味しかったです。

P1400916.jpg

いちご、、は、パスタであれば甘み、こちらではいい酸味を与えるって感じなんですけれど、
パスタもお肉料理も、そもそもの調理加減がおいしいので、
どちらかというと、ちょっとおまけチックになっていたかな。 

P1400918.jpg

そしてデザート。
フォンダンショコラ! (確か最後にいただいたのは、リガ(ラトビア)の創作料理屋、、
この話はいつか書く予定です。)

P1400925.jpg

中身がどろ〜っり、、、ってとこまではいかなかったですが、
甘さも程よく抑えられていて、こちらも美味しかったです。

P1400929.jpg

この手の料理、、があまり好きじゃないかみさんも、今日ばかりは大満足。

お店を出るときは、ご丁寧に、シェフとウエィター揃って見送ってもらえたりして、、
で、お家に帰ってきて、いい写真が撮れてるかなと思いきや、、
絞りが開放になっていたせいで、、なんとなく流れている写真が多く、構図もイマイチ、、

ちょっと申し訳ない気分。  


また出直します!




スポンサーサイト



Comments: 6

EkaterinaYoghurt URL 2017-02-13 Mon 14:32:00

最初のお写真のドリンクは何ですか?グラスに付いているのはお塩?お砂糖?きらきらしてすごく美味しそうです。

いちごづくしのお料理って想像出来ませんが、期待以上?に美味しくまとまっていたのですね。腕のある料理人さんが作られているのですね。
鹿肉といちごはまだ想像出来なくないですが、いちごと雲丹のパスタは全く想像出来ません。こうやって季節でテーマを決めてメニュー開発するのは大変でしょうから頑張ってお商売されているんでしょうね。最後のお店からのご挨拶も姿勢の表れですね。

お店の名前の発音が難しい・・・通して早口で3回繰り返すことが出来ないです。Bonzofireさんもやってみて下さい(笑)

Blackmore URL 2017-02-14 Tue 17:59:19

長くてその店の店員ですら覚えられないような名前は、イタリアン・レストランに多いですね。電話に出る時、お互いに嫌でしょうに。なんでそんな名前にするのか疑問です。

僕は同じ食材が全ての料理に使われるのはあまり好きではないですが、イチゴなら許せます。

ポケ URL 2017-02-15 Wed 08:18:22

いちごがお料理に使われているのはちょっと珍しいですね
バレンタイン企画かしら?
パスタの白いソースにも、赤いお肉にも綺麗に彩を添えていますね。

EkaterinaYoghurtさんもコメントされていますが、私も最初の飲み物気になりました~。

bonzofire URL 2017-02-17 Fri 00:33:47

Ekaterina Yoghurtさん。
飲み物は、フルーツ感たっぷりのサングリア、グラスは砂糖でコーティングされています。
ちょうど、酸味の効いたサングリアに、いい甘みが加わり、
ジュースんようにあっという間に、ゴクリって感じで飲んじゃいましたた。

正直一部の料理には本当にいちごは必要なのか感、、はありました。
だけど、それは、そんなに無理にしなくても、十分お料理そのものが結構おいしい、、んじゃないかなって思うからなんですけれどね。 

お店の名前、、どこでコピペしたのか忘れちゃいましたけれど、改めて見ると、
スタジオーネってところから、、紹介されているところが多いみたいです。
それでもながいですけれどね。。

bonzofire URL 2017-02-17 Fri 00:37:21

Blackmoreさん。
店員ですら覚えられない、、は笑えます。 が、確かに、そんなところもありますね。

同じ食材、、といえば、その昔、どこぞやで、鮎づくし、と水戸で納豆づくし、、というのを食べました。
いずれも、かなり地獄でした。

bonzofire URL 2017-02-17 Fri 00:42:38

ポケさん。
バレンタインも兼ねて、、はあるかもしれませんね。
この日はたまたま、いちごづくしでしたが、いつきても、料理には、何がしら果物が使われているのが
このお店の特徴です。 ちなみに、このお店の一階は、かき氷専門のカフェやっていて、売りは、果物のソースです。
まだ食べたことないんですけれど、いつかは、、と思っています。

最初の飲み物は、、サングリア、、、あの砂糖のコーティングがとてもマッチしていました。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/2357-4bca5870
Listed below are links to weblogs that reference
エノテカ フルッテリア スタジオーネ フルッティフィカーレ 神楽坂 東京 2017/2 from It's Just Another Day

Home > きょうのそとめし > エノテカ フルッテリア スタジオーネ フルッティフィカーレ 神楽坂 東京 2017/2

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top