FC2ブログ

Home > 2017 MUKILTEO/VANCOUVER > Last Day in Vancouver ①

Last Day in Vancouver ①

DSC_1563 (2)
DSC_1573.jpg
DSC_1581.jpg
DSC_1584.jpg

バンクーバー最後の日(って二泊しかしてないんですけれど)。
今日は、バンクーバーの対岸に渡り、そこから市バスにのって、写真の遠くに見える橋を通って、
また、バンクーバーに戻る、、ってプランを立ててみました。
もし気が向けば、あそこから写真を、、、とも思っていました。
結局、、バンクーバーに戻るのに市バスに乗り、橋も渡りましたが、
たかが一枚、二枚の写真のために、そこまですることないか、、とバスからはおりませんでした。

DSC_1592 (1)
DSC_1610_20171012235217bff.jpg

対岸に渡るのに、シーバス(海のバス)に乗ります。
下の写真が、そのシーバス、バンクーバーに戻っていく便です。
きっと、対岸に住んでいる人が、バンクーバー通勤に使っているんでしょうね。

DSC_1602 (1)

船を降りると、そこが対岸の各地に広がっていくバスターミナルがあり、
右手には、下の写真のちょっとしたマーケットがありました。
それほど早い時間に訪れたとは思わないのですが、中の店はまだほとんど閉まっていました。。

DSC_1596.jpg
DSC_1606 (1)

それにしても、すでにお話済みですが、とにかく、、、この街、ちょっとでも立ち止まると、
すぐに声をかけられます。。
この日も、まずこのシーバスに乗る際地図を見ていたら、
すぐに人が飛んできて、「迷っていないですか?」って。
「まだ迷ってはいないだけれど、ちょっとした地図でもあればいいかな」っていうと、
「じゃあ、ちょっと待ってて、取ってくるから、、」って、こんな感じ。

極め付けは、、この対岸から、バンクーバーに戻る市バスを探すのに、
バスの運転手に、どのバスに乗ればいいの?って聞くと、、
「隣のバス停にあと5分くらいで到着するバスにのって、&%&の停留所で降りて、そこで、
$%$のバスに乗ればいいから、、」
って、そこまでは特筆することはないんですけれど、、

その隣のバス停でバスを待ってきたら、さっき説明してくれたバスの運転手が走ってきて、
「俺のバスにのっても、ダウンタウン行きバスに乗り換えれるところに行くことに気がついたよ!」
「なんで、俺のバスに乗りな、乗り換えるところで教えてあげるから、、」

まあ、長い間海外に住んだ経験とかありますが、、ここまでの親切心はさすがに経験ないかも。。

ちなみに、彼のバスに乗り換えたのはいいものの、、
乗ってる最中、、ほとんどのお客さんに愛想振りまいていて、、
「僕らが乗り換えるポイントで教えてくれるかな、、」なんて心配したんですが、、
きちんと教えてくれました。。

DSC_1561.jpg

こちら傘の自動販売機。
スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/2545-1acfe67c
Listed below are links to weblogs that reference
Last Day in Vancouver ① from It's Just Another Day

Home > 2017 MUKILTEO/VANCOUVER > Last Day in Vancouver ①

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top