FC2ブログ

Home > 2017 PARIS > Parisのお土産 5 ジャム

Parisのお土産 5 ジャム

  • Posted by: bonzofire
  • 2018-02-12 Mon 15:30:09
  • 2017 PARIS
P1460701.jpg
P1460704.jpg
P1460702.jpg

こちらは、La Chambre aux Confituresのお店のです。
この小さな瓶詰めが確か5ユーロ近くするので、日本の感覚枯らしても、かなり高いのですが、、
逆に日本で3〜400円くらいで売ってる仏大手メーカーものが、こちらでは2ユーロ程度でスーパーで売っていて、
しかも容量は、こちらの3倍くらい入っている、、みたいなことを考えると、
このジャム、、いや、おフランスチックに、ここはコンフィチュールって言いますが、現地でも超高級品なんだと思います。
もしかしたら、観光客御用達なのかも、、とも思わないでもないですけれど、、

文句なしに美味しいと思います。

フランボワーズの、フレッシュな酸味感と、バランスのいい甘さ加減、、 ほんと美味しかったです。

したのは、カラメル、、ナッツが入っていたりして、こちらも甘さ加減が絶妙。
絶妙、、というのは、それほど甘くないんです。。 
こちらのって、結構日本人の味覚からしたら甘過ぎるってのが多いと思うのですが、、
それを考えても、、このコンフィチュール、、現地人受けするのかな、、って感じです。


P1510893.jpg
スポンサーサイト

Comments: 4

EkaterinaYoghurt URL 2018-02-12 Mon 17:08:34

外国のって、、一まとめには出来ませんが、ちょっと良さげなレベルの物程度で十分コンフィチュール類は美味しいです。
最近日本で買う日本製の物は、殆ど口に合わないって思います。殆どが味が薄すぎるんですよね。
こちらは高級品の部類に入りそうなので、間違いなく美味しいでしょう!
フィンランドはベリー類が美味しいんでしたっけ?ヘルシンキで食べたコンフィチュール類が恐ろしく美味しかったので、また食べたいと思っています。

bonzofire URL 2018-02-12 Mon 22:04:26

Ekaterina Yoghurtさん。
日本のとちがって、果物の使っている量が違うんでしょうね。
フランボワーズは、全くレベルが違う酸味さだったと思います。
フィンランドですか、、ぼくは残念ながらフィンランドで食した記憶がないのですが、
ほとんど同じ気候帯だったアラスカの例をいうと、ラスベリー、ブルーベリー、リンゴンベリーとかが雑草のように
群生してました。ただ、ジャムにするというより、そのまますりつぶしてフルーツソースにして、
パンケーキやターキーにかけて食べていたことを、、思い出しました。 
たしかに、今から考えると、ジャムではありませんが、恐ろしく美味しかったです。

Blackmore URL 2018-02-18 Sun 20:47:09

なるほど。日本は50年前までは人工的なジャムもどきしか無かったわけで…まだまだ文化的に浅いと言うか、私を含め本物を知らない人が大半。

そういえばポーランドで買ってきたジャムは、甘からず、旨からずでした。

bonzofire URL 2018-02-21 Wed 23:47:29

Blackmoreさん。 
そうですね、、日本のジャムが美味しくなったのは、ここ10年くらいですかね。
だけど、手の器用さも加わって、種類とかも含めると、美味しさはまったく恥じないレベルだと思います。
ただ、使っている果実の量とかだと、、、どうしても、そこら辺は差が出てしまうと思います。

一方、海外のジャムは、、、僕的には、今回のは美味しかったですけれど、、利用している果実の量も多ければ、
砂糖もその分もっと多かったりして、僕とかには甘すぎて、たべれないものも多いです。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/2676-03e1949c
Listed below are links to weblogs that reference
Parisのお土産 5 ジャム from It's Just Another Day

Home > 2017 PARIS > Parisのお土産 5 ジャム

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top