Home > 2016 PORTUGAL > ポルトガル 9-10 リスボン 最後の夜飯

ポルトガル 9-10 リスボン 最後の夜飯



ポルトガル最後の夕飯。 ネットで調べて一番人気のビストロ、、って書いてあってあったので、
ダメ元で電話したら、、予約すんなりとれちゃいました。

P1360163.jpg

地下鉄に乗って、ちょっと迷いつつついたこのお店。15人も入れば満員のお店。
まずお通し(一番上の写真)が美味しくて感激。
一番よく写っているのはラタトゥイユですが、
美味しかったのは、その後ろのドライトマトとバカリャウ(干し鱈)を崩したようなやる。

P1360176.jpg

前菜は、、撮り忘れ。 お肉は、豚と牛(フィレ)を頼んだのですが、
とにかく、豚がとろけるように柔らかくて美味しかったです。

P1360179.jpg

結構熱心に写真を撮ってる姿を見て、店員さんが陽気な感じで、、
「ぜったいにネットにのせてね!」って、、、
ぼくはぼくで、、ぼくは日本人なんで、ネットにのせたら、
「一気に大勢の日本人が訪れることになるので、、そうなった困るでしょ?」ってな感じで楽しいひと時なりました。
(一応ネットにのせたのですが、、二年後に。。)

P1360192.jpg

デザートはミント系が、、得意みたい。。
まあ、これがリスボン一のビストロ?? ってかんじではありますが、、
そんなことどうでもいいか。

P1360201.jpg

気がつけば、、まわりは外人(ポルトガル人以外)ばかり。
きっと、みなさん、ぼくみたいにネットで調べてこられたんだろうなって。(笑)
  
P1360203.jpg
スポンサーサイト

Comments: 2

EkaterinaYoghurt URL 2018-07-13 Fri 19:28:12

私はこういったビストロ的な庶民的な雰囲気のお店が好きです。どこの国に行っても地域の味わいが感じられるような気がします。
こちらのお料理の写真も本当に美味しそう♪私の場合、ポルトガルはどこに行ってもあんまり食事を外さなかった思い出が強いです。ただ塩分が強くて量が多かったっていう思い出も同時に強い。。。
中でもお米のシチューやお魚料理が好きでした。日本人の口に合って食べやすいのでしょうね。
干し鱈のお料理は、どこに行っても本当に美味しかったですが、ドライトマトと干し鱈のほぐしみたいなのはお目にかかったことがないです。いただいてみたいです。まだまだ知らないお料理が沢山あって楽しめそうなポルトガル、再訪が楽しみです^^

bonzofire URL 2018-07-14 Sat 02:14:54

Ekaterina Yoghurtさん。
そうですよね。僕もこういったこじんまりとしたお店が好きです。
、、と言ってもなかなか現地でそんなお店を見つけるのも難しいんですけれど。
塩分が強い、、塩抜きができていなかったからなのかな。。 ツアー(レベル)の料理では、確実に、ポルトガル料理の方が今回のイタリア料理より美味しかったです。断言できます。 干し鱈の料理の写真もたしかあると思いますが、あれは確かに美味しいですよね。一番美味しかったのは、たしかポルトでいただいのと記憶しています。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/2788-a815ad44
Listed below are links to weblogs that reference
ポルトガル 9-10 リスボン 最後の夜飯 from It's Just Another Day

Home > 2016 PORTUGAL > ポルトガル 9-10 リスボン 最後の夜飯

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top