FC2ブログ

Home > 2018 NORTHERN ITALY > 北イタリア 4-7 カステラルクゥアート

北イタリア 4-7 カステラルクゥアート

DSC_8419 (1)

クレモナ観光の後、向かったのが、こちらの田舎町、カステラルクゥアート(Castell’Arquato)
今回のツアー、「イタリアの最も美しい村100選」の中のいくつかを訪れることになっていまして、
こちらの村がその一つになります。
一番初めに訪れたのが、 http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-3020.html

あまりパッとしたとは思えない前回に比べると、こちらの街は、
なだらかな峡谷を挟んだ小高い丘に築かれた、城壁に囲まれた小さな村で見栄えは良いのですが、、
前回以上に、、町の中心の広場を除くと、住民はほとんど見かけることはなく、
ものすごい寂しい村でありました。
多くの人が住んでいるのは、この小高い丘ではなく、麓に築かれている方のようです。

何れにせよ、こんなイメージぽい写真しか、撮っていなかったようで、、
街のシンボルと思われる、城壁の塔とか、、 他人にお見せできるようなのがなし。。
ほんと、、バカであります。

ええ、、ちょっとだけ言い訳させてもらいますと、、
それなりのシンボル的な建物となると、その周りにある色々なものが映り込むわけでありまして、
ほんとのこと言うと、、そんなこと御構い無しに撮っちゃえばいいんですけれど、
逆にそういったものを省いた写真だけを撮りたい、、にこだわりすぎると、
こんなこと(撮れずに終わってしまう)になるわけですね。

特に僕の場合、、ツアーで旅行してるのがほとんどなので、同じツアー客が写り込んでしまうわけですが、
自分も日本人にも関わらず、、それが嫌なんです、、
いくら建物や景色が素晴らしくても、、そこに日本人が写り込んでしまうと、、
一気に冷めてしまう、、 あぁぁ、自分も日本人なのになんてこと言ってるんでしょう。。

で、そんなことにこだわると、移動する際は、一番前に陣取る、もしくは常に最後尾にいることが望ましくなる訳で、
それでも、5、6年前、まだ、ここまでデジカメが普及していなかった頃はともかくとして、
この頃となると、多くの客が、それなりのカメラを持っていらっしゃることもあり、
どんなツアーでも、僕と同じようなことを考えている人が数人いらっしゃるわけであります。
そんでもって、その中の誰かは人一倍こだわりが強く、撮るのがトロかったりするので
(キット僕もその一人に入るんだと思います(苦笑))、
始めのうちは友好ムードでも、、何日か続いていると、「はよう撮れよ!」みたいな感じで、
ちょっとずつ険悪な空気が漂い始めたりしちゃうんですよ。

、、まあ、だけど、、なんやかんや言いながらも、、今のところツアーが一番便利なので、
結局は、そちらを選んじゃうんですけれどね。。


DSC_8438.jpg
DSC_8448 (1)
DSC_8449.jpg
DSC_8452.jpg
DSC_8453.jpg
DSC_8456.jpg
DSC_8465.jpg
DSC_8505.jpg
DSC_8460 (1)
DSC_8472.jpg
DSC_8477.jpg
DSC_8489 (1)
DSC_8524.jpg
DSC_8536.jpg
スポンサーサイト



Comments: 4

EkaterinaYoghurt URL 2019-10-11 Fri 18:35:48

確かにツアー最初の村より良さそうに見えます^^欲を言えば、過疎みたいになっているところではなくてちゃんと行きた村みたいな、そこに生活があるってところだと尚良しですね。
でも周囲の緑の景色も和みますね。周囲も合わせて素敵な村なんでしょうって思います。
上から3番目の写真のメインのお家の角に塗り潰されたアーチの入り口がありますが、こういった跡を見てもどんな歴史だったんだろう?って想像するのが楽しいんですよね。
壁一面の写真、気に入りました^^下の方の苔へのグラデーション、規則的な穴、そこに入っている数羽の鳩、ちょっとした芸術ですね。

ポケ URL 2019-10-11 Fri 20:42:57

分かります、分かります。
自分も日本人なのに、日本人が映り込むのは嫌なんですよね^^;
以前、ゲイの友達にヨーロッパで撮った記念写真を見せるたびに、
「この景色にあなた似合わないわね~!。」って何度も言われました(笑)
そういうことなんですね。

石畳の通りの写真すごく素敵です!

bonzofire URL 2019-10-12 Sat 10:41:45

Ekaterina Yoghurtさん。
周囲の景色、一枚目が全てかな。ポルトガルのドウロ川沿いの渓谷ほどのスケールはありませんが、
ここはここで綺麗なところでした。
写真だけで、おうちの壁内に埋められているアーチに気づかれるなんて、、すごい観察力です!
そうなんですよね、、きっと城壁の一部だったとも思うのですが、繰り返し改築、増築されているとはいえど、
それでも2,300年前の建物ですからね。 ほんとロマンがありますね。
壁面の写真、、気にいっていただき嬉しいです!  ありがとうございます。

bonzofire URL 2019-10-12 Sat 11:02:01

ポケさん。
ツアー参加がほとんどなのに、、それを否定してしまう自分、、ほんとどうしようもない性格。。
しかし、、ゲイの友達は、、ちょっとひどいですね。
僕は、どちらかというと、日本人が景色に合わない、というより、ツアーで行ってるのを悟られたくない、、方が大きいと思います。 また、ツアーで行くと、、まあツアーだからしょうがないというのもありますが、みんな迷子にならないように、同じバッジをしてるとか、日本にいる時でもこんな格好してるのだろうか、、と疑問に思うほど、みすぼらしい格好してたり、、もちろん、全員がそうではありませんが。。

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/3187-f1dc2aaf
Listed below are links to weblogs that reference
北イタリア 4-7 カステラルクゥアート from It's Just Another Day

Home > 2018 NORTHERN ITALY > 北イタリア 4-7 カステラルクゥアート

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top