FC2ブログ

Home > 仕事のぐち > 障害者採用

障害者採用

先週末、障害者採用枠で採用されたスタッフが退職されました。

それなりの学歴をお持ちのかたで、見た目、話し方、日々の仕事に取り組む姿勢、全て至極まとも、、
クソ生意気で申し訳けありませんが、
「ゲージンにおべんちゃらくらいしかできない英語力と、自己主張だけはよくできるのですが、
本業の方はまったく、、何かできないと、それは自分じゃなくて、そんな仕事をアサインしたボスが悪い」(長い!)
系のスタッフより、はるかにデキがいいんですけれど、

どこかで、人生の歯車が狂ったのか、精神的な病をもってしまい、
それ以来、、普通の毎日がすごせなくなってしまったんですね。

なので、、会社にいると、まったく普通の人と同じように働いてくれるのですが、
家に帰ると、様々な不安な気持ちが頭のなかを駆け巡り、そして眠れなくなり、翌日出社ができなくなる、、
いや眠れないから会社に来れない、、というよりも、
不安感から、部屋の外に踏み出せなくなり、
結果、出社が不定期になっていました。

一時は、ぼくも二、三年前おなじょうな症状(夜眠れない)になったことがあり、
彼の気持ちは少しくらいは理解している、、って勝手な解釈のもと、、
「出社できないからと言って、会社のことは一切心配しなくていいよ、
あなたが来てくれるだけで、色々助かるので、これると思う日だけ来てもらえばいいですよ。
だけど、出来ないないのであれば、一報もらえないかな、、話すのがいやだったら、メールで一言でもいいので。」
なんて言っちゃったわけですね。
だって、採用してるこちら側は、彼は大丈夫だろうか、、もし家でなんかあれば、、なんて心配するわけじゃないですか。

だけど、彼にはそれもプレッシャーだったみたいです。
一番、楽しいと感じられるのは、会社に来ること、、 出社すれば楽しい、、と感じるのですが、
一旦、帰宅すると、別の思いが頭の中に広がって来て、それすら難しい。

で、今回退職を判断された理由なんですけれど、
彼が自身のその不安定な状態の原因を考えた結果、、慣れない東京で一人ぐらししていることが原因なんだろうと、、
その理由の一つに、これは、会社が情けないんですけれど、障害者採用なので、賃金がほとんど最低レベル、
にもかかわらず、出社が不安定で、その分の賃金が支払われないとなると、生活費が払えない、、というんですね。
であれば、その環境を変えないといけない、実家に一度帰ります、が彼の結論でした。

なので、僕も人事にそこら辺のことを相談したんですけれど、
会社としては、勤務してる時間しか給料は払えない、、の一点張り。
ほんと本部長とか言っても、、何の権限もない。。

結局、彼の判断を、覆すことはできずじまい。

最後に話されたのは、交通費もままならないので、原チャリで一般道を十二時間走って実家に帰る、、でした。




スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/3409-8a7a9ac1
Listed below are links to weblogs that reference
障害者採用 from It's Just Another Day

Home > 仕事のぐち > 障害者採用

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top