FC2ブログ

Home > 仕事のぐち > リタイア

リタイア



先週末、部下がリタイアしました。
僕より2、3歳,年上の方です。

今年の二月末に、五月末を目処に退職したいと、退職届けをいただいたのですが、
予想外のコロナ蔓延のせいで、
その人自身のリタイア直後の計画はおじゃんになり、
こちらはこちらで、リモートワークのせいで、仕事の引き継ぎがままならない、という利害が一致し、
退職日を七月末に延長してもらうことができました。

この部下は、、かなり仕事ができる人で、うちの会社だけじゃなくて業界でも結構有名な方で、
僕が想うのは、本来ならその人がいまの僕のポジションにいるべき人だったのですが、
なんやかんや、、組織の理由がありまして、結局は僕がその今のポジションに命ぜられたわけです。

ゲーシなので実力がある人のみが出世する、、 
世の中の多くの人々はそう思っているかもしれませんが、
所詮、ゲーシって言っても、働いているほとんどの社員は日本人です。
そんなこと書くと、日本人がダメ、、って聞こえるかもしれませんので、正しときます。
海外で働いてるゲージンの方もにたりよったりです。
所詮同じ人間です、「仕事ができる」は、出世する最大の条件ではありません。

まあ、そんなことはどーでもいいんですけれど、

話を元に戻しまして、、その方は、社会人人生35年くらいだったと想うのですが、、
先述した通り、相当仕事に熱意を持っておられた方で、
会社に来て与えられた業務について頑張る、、だけじゃなくて、
この業界の発展のために私は働いている、、って強い信念を持っていたこともあり、
会社では、時折、彼女の信じることと(業界の発展)、会社の方針(利益の最大化)が一致せず、
経営陣やぼくともぶつかったりしてたわけです。

何がいいたいのかというと、、そんな熱い思いを持って働いていた人が、
まだ定年まで数年残して、他社に行くこともなく、
いとも簡単に、「はい、私の社会人生これで終わりにします!」、、ってことができるのかな、、と。
こんな簡単に辞めちゃって、あとで後悔しないのかな。。。
それとも、できることはやりつくした、、と思っているのかな。。

実の話、僕的には、その方ではなく、僕が先にリタイア、、を考えていたわけですが、
僕は、、今与えられた役職で考えれば燃え尽きた感はないです。
きっと7、8年前、自分の専門分野の仕事をしてた頃だったら、
ちょっとくらいはそんな気持ちがあったかもしれませんが、
特に、今の管理職をやるようになってからは、今の仕事に対しての達成感なんて全くないです。

そうなると、辞めたい理由は、もう十分仕事をやり遂げたとか、リタイアして新しい人生をスタートしたい
というより、今の仕事をやりたくない、、になってしまうわけです。
なので、今の気持ちを持って、転職して、最後にもう一度僕の得意とする職種で頑張る、、だったらともかくとして、
35年くらいの社会人人生を、今の気持ちで終えるのは、、ちと寂しいかな、、と。
やっぱり社会人人生の幕を閉じる方の「やめる」であれば、
周りから「やっとやめてくれた」と半分笑われて辞めるのじゃなくて、
自分自身も十分頑張った、今回のスタッフのように、周りから惜しまれてやめる、、
が理想的、、だと思いません??

ところで、話がガラリと変わるのですが、
私の件については、前にも書かせていただいたのですが、
会社の一部の偉いさんが、私の後継者になるようと期待している人が、今月半ばに私の部署に来られます。
タイミング的にはちょうど、今回退職された方とほぼ入れ替わるのと同じタイミングなので、
周りからは、今回やめた人の後任とおもれてしまうかもしれません。。
しかし、、違うんですよ。 それは。。

さてと、、私自身にこの会社で残された時間はあとどれくらいなんでしょう。。






スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/3537-5fdef0be
Listed below are links to weblogs that reference
リタイア from It's Just Another Day

Home > 仕事のぐち > リタイア

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top