FC2ブログ

Home > きょうのぐち > ころなコロナコロナ 14

ころなコロナコロナ 14



コロナ、案の定な状態ですね。
来週の今頃は、東京だけでも、一日700,800人増、、ですかね。

先週うちの業務を一部委託してる業者でも感染者がでて、
また、他社、違う階ですが、うちが入居するビルでも感染者がでてます。

こんな調子なんで、今や、ぼくの会社でも、感染者がでる、でない、、の心配じゃなく、
「いつ」でるのか、、ってことをみなさん心配し始めてますね。

金曜日の夜はスタッフの送別会が催されていたのですが、、これも前日にキャンセル、、
その変わりに、
お昼にみんなでさよならランチに行き、
また、部下の一人から、仕事が終わった後、この部の人たちだけ集めて、
最後に乾杯だけでもいかがでしょうか、、って提案がありまして、

こういった時って、絶対に断るべきとわかっていても、情けないボスなので、感情的に断ることはできず、、
「じゃあ、簡単な乾杯だけ、、」って言ってるにも関わらず、
その部下、お酒の他に、つまみ菓子や乾きものも買ってきてしまっていて、
結局、業務を終わってからとはいえど、狭い会議室で、1時間くらいの飲み食いやっちゃいました。

おい、上司、、もっとしっかりしろよ!  てお叱り受けそうですが、、 
まあ、多かれ少なかれ、、こんな体験みなさんにもあるかと思います。

一方、我が国は、あいもかわらず、毎日これだけ感染者が増えたって一喜一憂してるわけですが、、

今の現状がどうなのかということを政府の言ってることから推測すると、

①六月までは、それまでの自粛期間を経て、ウィルスを封じ込めることができた、、と思っていた。
しかし、、、今のこの状態になって、、
今の政権がどれだけバカだとしても、もうそんな状態に戻ることがきるわけでもない、、と思っているのでしょう。

じゃあ、今何を考えているのかというと、、

②ウィルスはもう撲滅できない、なので、ウィルスと共存できるような世界を模索してる、、
なので、このような状態になってもGo to Japanみたいなことやっているわけなんですけれど、

であれば、今本当に問わなければいけない問題は、
毎日何人感染者が増えているのかではなく、、 

今の医療施設で、どれくらい感染者数を増やすことを許容できるのか、、
そして、その根拠は何なのか。
を国民全員に説明すべきだと僕は思うんですけれどね。

で、そこをを第一前提として、、その中で、今日はこれだけの感染者増があった、、という議論にしないと、、
と思うのですが、今のままじゃマスゴミと政府のみている方向がまったく違いますよね。

また、マスゴミは、彼らの財源のほとんどを握っている電通が政府に縛られているので、
あからさまに批判の矛先が政権に向かうようなことは言えないのは理解できます。

しかし、せめて見ている方向を一致させることくらいはできないのかな、、と。
僕が思うに、感染者数が増えた! って、一番わかりやすいところで報道を抑えていれば
別のネタを探す必要もないので、番組編成から見ても一番簡単みたいな理由もあるんだと思います。

ランチ時にたくさんワインを飲んで、半分酩酊状態でわけのわかんないこと書いてるかもしれませんが、

とにかく、一日にどれだけ感染者増えたか、、なんて、今の時点じゃたいしたことじゃないんです。
無視してもいい、、と言ってるわけじゃないです。
今のままじゃ、減る事なんてないです。増えて当然だからです。

今は、いつ自分、または身近な人が感染するかわからない状態ってことを一人一人認識する時だと思います。

よって、今、一番重要なのは、今の医療体制だと、どこまで感染者数を許容することが可能なのか、
また、もし自分や身近な人が疑われるような症状が出たら、
自身の職場の人に感染者が出たら、家内の職場の人に感染者が出たら、
次にどうするのか、、どこの病院に電話をかける、
そういったことを事前に把握しておくことなんじゃないかなと思います。

もしかしたら、先週末もおんなじこと書いてたかもしれない。。






スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/3539-04381bb8
Listed below are links to weblogs that reference
ころなコロナコロナ 14 from It's Just Another Day

Home > きょうのぐち > ころなコロナコロナ 14

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top