FC2ブログ

Home > きょうのそとめし > とんかつ檍 浜松町 東京

とんかつ檍 浜松町 東京


P1700144.jpg
P1700143.jpg

トンカツは「塩」で、、を推奨する、「とんかつ檍」さんに行ってきました。
何度も前に書いてますが、美味しいトンカツは塩でいただくのが一番と思ってる僕にはうってつけのお店!
お肉自身に甘みがなければ、塩だけだと、塩辛くなるだけなので(だからまずいトンカツはソース)、
よほど、こちらのお店、トンカツに自信があるんだろうな、、と勝手に思っているのですが。。
、、にしても、おっさん一人飯となると、どうも、カレー、トンカツ、町中華の繰り返し、、
なんとも想像力がないといいますか。。

んなことはともかくとして、
ついたのは一時過ぎにも関わらず、それでも5人程度の行列で、人気店だということがよくわかります。
店内はそれほど大きくなく、カウンターを含めて20人も入ればいっぱい。
店内が狭い分、バタバタでせわしないですが、店員さんはキビキビ動いているし、
良心的なお値段のことを考えると、特にぎゃあぎゃあ言うことでもないでしょう。

とんかつは、脂が怖いので、ヒレカツ。
しかし、誰一人としてヒレなんて頼んでいるお客さんなんていないし、お隣の分厚いロースカツを見て、、、
そんなにしょっ中僕がトンカツを食べているわけでもないので、
せっかくトンカツ食べるんだから、、
腹を決めて(大袈裟〜)、ロースにしときゃよかったとかなり後悔。

ヒレカツは、衣の色を見てもわかるように、ちょっと揚げが深め。
しかし、お肉は、なかまで火が通っていますが、パサパサ感はほとんど無し。
しっとり柔らかく上出来です。 しかし、お肉はかなりヒレを前提としても結構あっさり。
塩で食べると、ようやく甘みが前に立ちいい感じ。

塩は、、4種。全て岩塩。ボリビア、ペルー、モンゴルが普通の小壷に入っていて、
一番人気と記載があったパキスタン物だけが、ミルに入っています。
実は、僕は、トンカツの最後の一切れをいただく直前まで、
このミルに気がつ来ませんでした。(だから写真は小壷にはいっていた三種のみ)
で、違いがわかるか、、というと、、塩だけでいただくと、ちょっと苦いだの、甘いだの
わかるような気がするんですけれど、とんかつにつけると、
どれも一緒のような感じで、ようわからん。 
最後の一切れしか食べることができなかった、パキスタン物だけが、ミネラル感が強かった感じがします。
僕的には、どこの塩か忘れましたが、ちょっとピンクがかったお塩が一番でした。

付け合わせの、汁物は、豚汁。それも、細かく四角に刻んだ豚肉入り。
こちらは、ちょっとしょっぱめ。
キャベツは手切りでみずみずしく、、とても美味しかったです。
僕は、トンカツは塩だけれど、キャベツにはソースを3、4滴くらい落として食べるのが大好き。。

P1700147.jpg
P1700142.jpg

スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/3648-f937a0ba
Listed below are links to weblogs that reference
とんかつ檍 浜松町 東京 from It's Just Another Day

Home > きょうのそとめし > とんかつ檍 浜松町 東京

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top