FC2ブログ

Home > きょうのむだづかい > YOUNG GUITAR "BAND-MAID [Unseen World]"

YOUNG GUITAR "BAND-MAID [Unseen World]"



何十年かぶりに、「ヤングギター」という雑誌を購入しました。
理由は、、 表紙写真の、過去にもこの無露愚で何度か紹介させていただいたバンドメイド特集号だったからであります。
ただ、今日はそのバンドメイドよりも、この雑誌の話から。

itemimagephp.jpg

僕は学生時代をアメリカで過ごしたのですが、
高校生時代に、日本に住む両親から、この「ヤングギター」と、「ミュージックライフ」という雑誌と、
あと、親父の趣味でジャズの雑誌、「スイングジャーナル」を、わざわざアメリカに郵送してもらっていたんです。

そして、その一番初めに送ってもらった、「ヤングギター」が、この上の雑誌。
日付を見ると、1981年3月号。。  なんと、今からちょうど40年前、、ということになります。

で、なぜ、わざわざこんなものを送ってもらっていたのかというと、
その当時、アメリカにはこんな雑誌がまったくなかったからで、
特にロック、ポップ系のミュージシャンの写真満載の「ミュージックライフ」は、
友達とかに見せたりとかすると、「10ドル出すからおれに一冊売ってくれよ」ってな感じで大人気でした。

「ヤングギター」は、写真もいいんですけれど、毎月何曲か楽譜がついてたのですが、
これがまた、その当時、アメリカには楽譜がついたギター雑誌も売っていなかったんですよ。
なので、むこうのやつらは、何か曲を習おうとすると、
高いお金を払って個人レッスンで教えてもらうか、、自分の耳でコピーするしかなかったわけです。
一方、僕はこの雑誌があるので、毎月のように、ある程度弾ける曲がどんどん増えていって、
それこそ弾き始めた頃は、なんで、お前はそんなにたくさん曲が弾けるんだ、、っ驚かれてたわけですが、
そのせいもあって、、この雑誌は友達には見せられない、って感じで、
かなり長い間、隠していたと記憶しています。(ほんとです。)

もひとつの、ジャズ雑誌の「スイングジャーナル」は、その当時の僕には早すぎたんですけれど、
社会人になってから、ジャズを聴き始めた下地をつくってくれたのは間違いないと思います。
スイングジャーナルは今は廃刊になったと思うのですが、今となれば、この雑誌が一番見たいですね。

このヤングギターともう二つの雑誌、2、3年くらいの間、両親にこの雑誌を送り続けてもらいました。
いまから考えると、わざわざこんなことやってもらってすごいなと思います。
ありがとうございました!

P1710226.jpg

そんでもって、今回「ヤングギター」を買った理由が、このバンドメイドの特集が読みたかったわけですが、
40年前に初めて「ヤングギタ」ーを手にした頃、
その40年後、50代半ばになってこの雑誌を手にしていることを想像できなかった以上に、
日本の女性がやっているロックバンドが、世界のハードロックファンを風靡することになるなんて、
全く想像できませんでしたね。。

バンドメイドは、見た通りのビジュアルに、各メンバーの異なる個性、
80年代を彷彿するメロディアスなハードロック、
かなり耳の肥えたリスナーやミュージシャンも驚く演奏テクに楽曲のアレンジメント、
これらが恐ろしいほどいいバランスで、僕は3、4年前に初めて聞いた時からピタッとハマってしまいました。
そのバンドメイドの新譜(CD)。 
メジャーレベルになってから4枚目、ほとんど毎年一枚ずつ、、という驚異的なペースです。

今回のコンセプトは、初期の頃を振り返る楽曲と、さらなる進化をうながす楽曲が散りばめた、、
だそうですが、第一印象は、
一曲の中に色々なものを詰め込みすぎて、せっかくのメロディーが気薄になってしまった感じがする、
その背景には、演奏技術をさらに上達させたい、、私たちは挑戦を続けるんだ!って気持ちがすごく伝わります。
しかし、そのせいで音数がいままで以上多くなったのと、スピード感が早すぎて、、
歌詞も、こちらはいつもの通りなんですけれど、たよりない男、口だけじゃなくて行動で示せよ、
前書きがある人生なんてつまんない、結果なんかにこだわらず挑戦しつづけろよって感じで、
今回は演奏がすごい分、今まで以上にオラオラ感がすごいといいますか、、
とにかく60を目前にしたプチジジイには、CD一枚通して聴くには
途中で栄養ドリンクがないとしんどい、、、ってのが第一印象でした。。(笑)

しかし、、バンドメイドの曲って、そもそも色々なものが詰め込んであるので、
聴いている楽器の焦点を変えるだけで、それまで聞こえてなかった音が聞こえたりして、
結局数回聴いいてるうちに、初め聴いた印象とは全く違ってきたりするんですよ。

ということで、きっと1ヶ月後にはまったく違う感想になっているんだと思います。











スポンサーサイト



Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://bonzofire.blog13.fc2.com/tb.php/3766-85312862
Listed below are links to weblogs that reference
YOUNG GUITAR "BAND-MAID [Unseen World]" from It's Just Another Day

Home > きょうのむだづかい > YOUNG GUITAR "BAND-MAID [Unseen World]"

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top