FC2ブログ

Home

It's Just Another Day

バルト三国 5-7 リトアニア 聖フランシスコ・聖ベルナルド教会

DSC_8820.jpg
DSC_8826.jpg
DSC_8814.jpg
DSC_8816.jpg
DSC_8830.jpg

前記事の聖アンナ教会の真横にある聖フランシスコ・聖ベルナルド教会となります。
木彫りの彫刻が見事!

DSC_8823.jpg
DSC_8824.jpg
DSC_8828.jpg
DSC_8831.jpg
DSC_8832 (1)

バルト三国 5-6 リトアニア 聖アンナ教会

DSC_8796 (1)
DSC_8800.jpg
DSC_8802 (1)
DSC_8804.jpg
DSC_8805.jpg

煉瓦の積み上げで、かなり特徴的な外観の教会、
だけど内部は結構シンプル。。 東欧チックというか、チェコとかでみた教会を思い出します。

DSC_8806.jpg
DSC_8812.jpg

バルト三国 5-5 リトアニア ヴィリニュス旧市街


DSC_8790 (1)
DSC_8791.jpg
DSC_8833.jpg
DSC_8873.jpg
DSC_8907.jpg
DSC_8787 (1)

えーと、、、(もう四時くらいから、6時間超酔っ払っています。。)
バルト三国の旅行、、
このリトアニアのヴィリニュスが一番たいしたことがなかった、、なんて思っていたんですけれど、
いま、こうやってみてみると、、結構いいじゃん、、って。
エストニアのタリン(この後です。)
ラトビアのリガ、
リトアニアのヴィリニュス、、
どれも個性的で、整然として綺麗で、、ヴィリニュスも全然いいじゃん、、
日本からみたら、、こんな辺境の国どこぞや、、って感じですが、、
そりゃ、こういった国々から好き放題搾取しつづけた西欧列強国にある
素晴らしい略奪美術館とかあるわけじゃないですけれど、
それでも、、いいところなんだろうな、、って思います。

この日はたまたま祝日で、ヴィリニュス市内がお祭り騒ぎで、、
市内マラソンとかやっていて、終点の大聖堂ちかくはてんやわんや状態、、
そんななかに、ヴィリニュスの市長さんもいらっしゃって、、
これが3、40くらいの若いイケメン市長さんだったんですけれど、
日本人ツアーに気づいたその市長、、
一人一人、ぜひもっと日本のみなさんがリトアニアを訪れてくれるよう、、ってハグしてくれて、
ツアーのオバハンたちは超興奮状態。。(笑)
確か、この黒シャツ野郎が市長さんだったのでは、、 (全然イケメンじゃないじゃん??)

DSC_8772.jpg

ま、、普段旧市街にこんなにたくさんの人がいることなんてなく、、
実はゴーストタウンに近いくらい人がいないとか、、

ほんとのところはよくわかりませんが、振り返ってみると、
ここもいいところだなって。。。

DSC_8842.jpg

youtubeで日本賞賛のビデオをたくさんみてたのですが、、
この賞賛するひとたちって、、、
別に日本がひどいとか卑下するつもりないですけれど、
世界のいろいろな街ってみてきたことあるんかね、、なんて思ってしましました。。

バルト三国 5-4 リトアニア ヴィリニュス大聖堂


DSC_8758.jpg
DSC_8761.jpg
DSC_8764.jpg
DSC_8768.jpg
DSC_8775.jpg

ヴィリニュスの旧市街の一番端の方にある大聖堂。
こちらは、、でかい割には、、
http://bonzofire.blog13.fc2.com/blog-entry-2844.htmlの装飾品てんこもり、、とは全く逆で、シンプリチック。
荘厳感まんたんだったのですが、、なぜか、、それを表現する写真がない、、 なんとも情けない。。

DSC_8744 (1)

根津美術館 表参道 東京

P1540937.jpg
P1540942.jpg
P1540949 (1)

10年ぶりくらいに、根津美術館にいってきました。
実は展示会はどうでもよくて、、建物が見たくて、、いったんですけれど、、

zen_and_the_art_of_cultural_exchange.jpg

遥か5、600年前、日本の禅僧が、中国に出向いて、仏教を通じ交流を深めていたとは、、
なんとも感慨ぶかいじゃありませんか、、

鑑賞者の半分も中国人のようで、
なかにはものすごく熱心に一つ一つの展示物の説明を読みいっている人がとても印象的でした。。


展示物の写真はありませんが、もう少しこちらに写真があります。
https://photos.app.goo.gl/NHx4wPr2tLeX1RQC9

Index of all entries

Home

TAG CLOUD
SEARCH
LINK
MONTHLY ARCHIVE

Return to page top